シングルマザーのナースの毎日のこと

小学生と中学生の子供二人を持つシングルマザーのアキです!毎日育児と家事と仕事に忙殺されながら何とか頑張ってます!

抗体検査って??


こんにちは。

看護師の端くれの私ですが、以前抗体検査について調べていたことがあったので、私が忘れないうちにシェアしたいと思います☆

 

新しい病院に入職する時とか、抗体検査の結果を提示しなければならないことがあるんです。

(場合によっては、感染症病棟で働かなかったりというのがあるのです)

 

職種によっては、医療職以外でも提示しないといけない場合もあるかもしれません。

今までにただの会社員しかしてこなかったので、そこら辺のことはよく分かりません。

 

 

大体どこのクリニックでも抗体検査やってくれることは多いんじゃないかなと思います。

採血するだけなので。

f:id:miruha120812:20190512162612j:plain
ただ抗体検査の方法って色々あって、CF方法以外の方法でとかEIA方法でとか。。。風疹はHI方法でも可とか。

 

指示があって、それがもう何のことだがよく分からないんですよね。

調べてみたので、お役に立つことが出来たらいいと思います。

 

 

そもそも抗体とは

 

抗体検査の前に、そもそも抗体とはどういう定義なのかと言うと、体内に異物(ウイルスや細菌などのこと→抗原)が入ったときに、そのたんぱく質に反応し、体から追い出すためにできる対抗物質のようなものです。

 


血液中の抗体の有無や量を調べることによって、今までにそのウイルスに感染したことがあるか、実際に感染しているかどうかを調べることが出来るわけです。

 

抗体価が低い場合は、予防接種が必要になる事もあります。

 

抗体検査の種類

 

続きまして、抗体検査の種類です。色々な検査法があるんですよね。参考になれば。

 

①CF法


補体結合反応法。


抗原抗体複合体があると、補体が消費されるのでそれを利用した抗体の検査法ということになります。
短期間で低下・消失するため、ワクチン接種の判定に用いるというより、感染初期のスクリーニング目的で使われることが多いようです。
非特異反応が多いのが欠点ということで、要は感度が低いということですね。


②HI法


赤血球凝集抑制試験。


特定のウイルスは血球を凝集する能力があり、この凝集能を抑制する血清中の抗体を検出することで判定するそうです。
風疹の場合、HI法の感度がEIA法と同等で、またHI法の方が安価なので臨床で多く利用されているようです。
CF法よりも早く上昇し、感度が良く長期間持続します。つまりCF法より感度が高いということになります。
ちなみに、風疹ウイルスで16倍以下ではワクチン接種が推奨されています。


③EIA法


酵素免疫測定法。


特異抗原を固相化しておき、血清中のウイルス特異抗体を検出する方法です。
免疫グロブリン別に判定することが可能なので、特異的、感度が良いよいうことになります。
ただキットによる検出感度が一定していないとのことで、どの値であれば感染しているといった明確な基準はないようです。
ただ結果が陰性もしくは±の時は、予防接種を推奨するようになっているそうです。

 

 


ほかにも色々あったんですが、ここまで調べるのにおなか一杯(´・ω・`)

眠くなってしまいました。


また機会があれば残りを調べてみたいと思います!!
(機会ないかも・・・)