シングルマザーのナースの毎日のこと

小学生と中学生の子供二人を持つシングルマザーのアキです!毎日育児と家事と仕事に忙殺されながら何とか頑張ってます!

ナースのお仕事

お久しぶりです

久しぶりの更新になってしまいました。 お久しぶりです。 最近はすっかりブログから遠ざかってしまい、存在も忘れかけておりました。 最近は異常に仕事が忙しくて・・・・ 年末年始は手術が止まり、大体は患者さんが減るので、穏やかな年末年始を過ごすこと…

脳室ドレナージの話

うちの病棟には、件数は少ないですがたまに脳外科の手術後の患者さんが入られます。 うちで多いのは減圧開頭術後の患者さんとか、脳室ドレナージの患者さんなどが多いです。 たまにしか来ないので、いまいち勉強が進まない分野でもあります。 自分用にまとめ…

片側巨脳症の話

この前珍しい疾患の症例に出会ったので、忘れないうちに記録に残しておこうと思います。 片側巨脳症とは 片側巨脳症は、先天的に一側の大脳半球が形成異常により巨大化した状態で、難治てんかん、不完全マヒ、精神運動発達遅滞が見られます。非常に稀な疾患…

もー仲良くしてよって思った話

外科医のこだわり? 医者はやっぱりプライドが高いのか??? 特に外科医の先生はこだわりが強いような気がします。 同じ疾患や同じような経過を辿っていても、主治医によって微妙に治療が違うことがあります。 それはどちらがダメとかではなくて、この先生…

NO療法の話

NO療法とは NOとは一酸化窒素のことです。 小児領域の肺高血圧がある症例等に用いられることが多いです。 成人領域では、未だ有効性を確認されていないようです。 小児の先天性心疾患の場合、PH(肺高血圧)があることもあり、NO療法を術後も行うことは多い…

ある患者さんの話

あるプライマリーの患者さん この前違う病院に転院した患者さんがいます。 うちの病院には、手術目的での入院で、手術後状態が安定したので、もといた病院に転院をされました。 私はその患者さんの入院をとったので、プライマリーとして受け持つことになりま…

CHDF(持続的血液濾過透析)の話②

前回の続きです☆ 前回の記事はこちら↓ www.singlenurse.com CHDFの基本フロー CHDFのトラブルシューティング 脱血不良 バスキャスから血液ポンプまでの異常によって起こる。 ・・・通常、ピローは血液流量が十分に確保できていれば、膨らんでいる。 血液流量…

CHDF(持続的血液濾過透析)の話①

CPB(血液浄化法)とは CPBを行う患者の多くは、腎不全を合併しています。 その中で最も行われることが多いのは、CHDF(持続的血液濾過透析)です。 私の病棟でも、時々CHDFを回すことがあります。 以前勉強してまとめたものをシェアしたいと思います!!私…

呼吸療法認定士を取りたい

呼吸療法認定士とは・・・ 呼吸療法認定士とは、3学会(日本胸部外科学会、日本呼吸器学会、日本麻酔科学会)合同による呼吸療法の認定の資格です。 この資格は別に持っても持ってなくても、毎日の業務にはなんら変わりはないのですが、認定を持っていた方…

心エコーの話

私の備忘録です。参考までに・・たりない点もあるかとは思いますが。 私の働いている病棟は心疾患の患者さんが多いため、先生方も日常的に心エコーをされています。 その場でエコー所見を教えてもらったり、先生の医師記録から情報を得るのですが、略語ばか…

カテコラミンの話

今日も私の備忘録です。今日はカテコラミンについて書いていこうと思います。 カテコラミンとは・・・ カテコラミンとは交感神経刺激薬です。ショック後や心外術後など様々な場合にカテコラミンは使用されます。私の働いている病棟でも、カテコラミンを使用…

ペーシング!!

私の働いている病棟は循環器疾患の患者さんが多くいらっしゃいます。 よくみるペーシングをしている患者さんの看護についてまとめてみました。私が初めて受け持った患者さんが、不整脈がずっと出ていてペーシングをかけていたので、ペーシングには何かと思い…

抗体検査って??

こんにちは。 看護師の端くれの私ですが、以前抗体検査について調べていたことがあったので、私が忘れないうちにシェアしたいと思います☆ 新しい病院に入職する時とか、抗体検査の結果を提示しなければならないことがあるんです。 (場合によっては、感染症…